プラチナの結婚指輪を選ぶ

結婚指輪や婚約指輪に人気の素材と言えばプラチナ。

プラチナは酸化しにくく変色に強いので、いつまでも白金の独自の明るいカラーに変化が訪れにくいのが特長。

これに加えてブライダルジュエリーの王道であるダイヤモンドをプラスするのが、結婚が長く変わらず続くようにというコンセプトにもぴったり合います。

一方であまり知られていない点として、プラチナの硬度があります。

実際、プラチナは意外に傷がつきやすく、軟らかい金属でもあるのです。

ジュエリーショップへ出向けば、この点のアドバイスが必ずあると思いますが、重ねて着ける場合や、ピンキーや中指にもリングをつけるのが好きな人の場合、プラチナの方に傷がつかないように組み合わせを工夫したり、ファッションジュエリーの方を別の手につけるなどの工夫をしたいところです。

とはいえ、ブライダルジュエリーをきちんとアフターケアしてくれるお店で購入しておけば、若干の傷などもケアしてもらえます。

保証がしっかりしたショップ選びは重要です。

結婚指輪は高品質のものをと考えるカップルも少なくありません。

品質などの面では、どのブランドもさほど変わりがなく、高価だから高品質とも言い切れない面があります。

どちらかというと、実際に着けてみた時に、指馴染みがよいもので手がきれいに見えるものを直観で選ぶので間違いがないでしょう。

ブライダルリングで毎日身に着けるものなので、よほどの安価なファッションジュエリーでなければ、長く使うことができます。

コメントは受け付けていません。

Filed under 結婚指輪選びのコツ

Comments are closed.